MENU

【戸越】高波冬美の夫(旦那)後藤祐介のTwitterを特定!経歴まとめ

2024年5月23日、品川区戸越の住宅で火災が発生し、高波冬美(たかなみ ふゆみ)さんと

長女の後藤鈴(ごとう りん)ちゃん、次女・玲(れい)ちゃん、長男・信(しん)ちゃんの遺体が

見つかった事件です。

2024年6月19日の速報で、父親の後藤祐介(ごとう ゆうすけ)容疑者が退院し、高波冬美さんを殺害した疑いで

逮捕されたと報道が出ました。

後藤祐介容疑者についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
目次

【逮捕】高波冬美の夫(旦那)の後藤祐介の経歴や生い立ちは?

名前後藤祐介(ごとう ゆうすけ)
生年月日/年齢46歳
住所東京都品川区戸越2丁目
職業動画編集者
罪名殺人

後藤祐介容疑者は美容師、介護職、動画編集者と職業を転々とされています。

介護職をしていた時に、高波冬美さんと知り合っています。

2024年3月頃から家事や育児に関する価値観の相違を理由に妻である高波冬美さんから離婚を切り出されていました。

2024年5月20日に離婚届を提出。

2024年5月22日午後5時~23日午後1時半ごろの間、家から出て行ってとしつこく言われて、

後藤祐介容疑者は高波冬美さんを突発的に刺したということです。

カッとなって刺してしまったとたん、母親が死亡、父親が逮捕となったら、残された幼い子どもは残せないと

手をかけてしまったのでしょうか・・・。

なんとも痛ましい事件です。

スポンサーリンク

【逮捕】高波冬美の夫(旦那)の後藤祐介はSNS(インスタ/facebook)やってる?

逮捕】高波冬美の夫(旦那)の後藤祐介ははInstagram(インスタグラム)やってる?

本名である「後藤祐介」で検索したところ、たくさんのアカウントがヒットしました。

ただ確定できるものはなかったので、今後、情報が出次第更新していきます。

逮捕】高波冬美の夫(旦那)の後藤祐介はfacebook(フェイスブック)やってる?

本名である「後藤祐介」で検索したところ、たくさんのアカウントがヒットしました。

ただ確定できるものはなかったので、今後、情報が出次第更新していきます。

ただ、フェイスブックはやっている可能性が年齢的にも高いので、今後も引き続きリサーチします。

逮捕】高波冬美の夫(旦那)の後藤祐介ははX(Twitter)やってる?

報道にも出ていました。

後藤祐介容疑者は、@yusuke94590のアカウントでXを利用していました。

仕事用のアカウントで、家族についての投稿はなかったです。

最期の投稿は2024年4月25日のものでした。

noteのリンクは飛べませんでした。

この頃には、離婚を切り出されていた時期なので、仕事を軌道に乗せようといろいろ焦っていたのかもしれません。

一連のツイートを見ても、人を殺すような人ではないように感じます。

本当に「突発的」な行為で、普段はごくごく普通の夫で、父親だったのでしょう。

スポンサーリンク

世間の声

殺人事件の中で一番多いのが親族間との事ですが 改めてこういう事件が起こらないことを願います。 大切な存在であったはずの配偶者や血を分けたわが子を殺害するって どんな理由があってもするべきじゃないでしょう… 何の落ち度のない人の人生を終わらせるってただただ残酷だなと思う。 家族は自分の所有物ではないので一家心中に巻き込まないで欲しい。

https://news.yahoo.co.jp/

別れた原因が何かは分からないが、この容疑者の方が原因の大部分であろう事が予想される 我が子を殺す(しかも幼子)なんて普通に考えてとてもじゃないが人としてあり得ない 亡くなった子供達が可哀想で心が痛みます

https://news.yahoo.co.jp/

元奥さんを刺した前後のことがこれから分かってくるんだろうけど、この写真を見る限り容疑者はやはり精神的に病んでいたんだろうか。 もともとは元奥さんが職場で色々あって精神的に弱って休職、そして復職したけどまた休職…と別の記事で読んだ。 夫婦共に何かに追い込まれていたのだろうけど、せめて子供に関しては裕福だという元奥さんの実家を頼ってどうにかできなかったのかな。 せっかくこの世に生まれてきた3人が可哀想。

https://news.yahoo.co.jp/
スポンサーリンク

まとめ

品川区戸越での火災、殺害事件。高波冬美さんの夫である後藤祐介容疑者について調べてみました。

これから事情聴取も始まるでしょう。

家族に手をかけてしまった経緯を隠さず、しっかり罪と向き合って欲しいです。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次