MENU

【顔画像】赤尾孝志はなぜ豊田を指定した?経歴やSNSについても!

2024年6月15日、女子高校生を車に閉じ込め、連れ回したとして、逮捕監禁の疑いで赤尾孝志容疑者を

現行犯逮捕されたという報道がありました。

女子高生は生きた心地がしなかったでしょうね・・・。

赤尾孝志容疑者とはどういう人物だったのでしょうか?

生い立ちやSNSをやっていたかどうか、など、調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

【顔画像】赤尾孝志容疑者の経歴や生い立ちは?

名前赤尾孝志(あかお たかし)
生年月日/年齢38歳
住所兵庫県西宮市今津真砂町
職業無職
罪名逮捕・監禁罪(人を不法に逮捕・監禁する行為)

赤尾容疑者は女子高校生を車のシートにロープで縛り付けるなどして性行為を迫り、豊田市から名古屋駅まで約1時間半にわたって連れ回したとみられています。  赤尾容疑者は容疑を認めていて、警察は2人がSNSで知り合ったとみて経緯を調べています。監禁した疑いがもたれています。

https://news.yahoo.co.jp/

被害に遭った女子高生には怪我はなかったようですが、暴行も受けていたようです。

女子高校生の知人からの110番通報で事件が発覚したということですが、途中でSOSを出せたということでしょうか。

「名古屋駅に向かう」という情報から逮捕に至りました。

逮捕・監禁罪の法定刑は3カ月以上7年以下の懲役が設けられていますが、女子高生が怖い思いをした1時間半は

もっと長く感じたことでしょうね・・・。

左川くん

SNSがらみの事件が多いなぁ・・・

右山さん

SNSでは優しいと思っても直接会うと全然違うことがあるよね・・・
気を付けた方がいいよね

38歳で無職のわりには、アウディに乗っているという謎。

実家が太いか、車につぎ込んで他にかけないタイプなのか・・・。

スポンサーリンク

赤尾孝志はなぜ女子高生と豊田市で会った?

女子高生の自宅は愛知県一宮市と報道されています。

そして赤尾孝志容疑者とは豊田市で会っているのですが、その理由はまだ明らかにされていません

距離を見ると、なかなか遠いです。

尾張一宮駅から豊田市駅までの路線情報ですが、なんでわざわざ・・・といった感じ。

そして豊田市から名古屋駅までの1時間半を、ロープで拘束され卑猥なことを言われて、

この女子高生の心理的なケアをしっかりしないと、PTSDなどに苦しめられるかもしれません。

また落ち着いたらSNSの使い方を今一度、しっかり勉強してほしいです。

スポンサーリンク

【顔画像】赤尾孝志容疑者はSNS(インスタ/facebook)やってる?

赤尾孝志容疑者と女子高生はSNSで知り合ったと言われます。

何のSNSだったのか、本名で調べていきたいと思います。

【顔画像】赤尾孝志容疑者はInstagram(インスタグラム)やってる?

「赤尾孝志」でインスタをやっているアカウントはありましたが、本人かどうか確定できないので

ここでは控えさせていただきます。

確定でき次第、また情報が出次第、更新していきます。

【顔画像】赤尾孝志容疑者はfacebook(フェイスブック)やってる?

「赤尾孝志」でfacebookをやっているアカウントはありましたが、本人かどうか確定できないので

ここでは控えさせていただきます。(トップ画像はインスタと同じもの)

ただ、西宮市出身と記載してあるので、かなり怪しいと見ています。

確定でき次第、また情報が出次第、更新していきます。

【顔画像】赤尾孝志容疑者はX(Twitter)やってる?

「赤尾孝志」でXをやっているアカウントはありましたが、本人かどうか確定できないので

ここでは控えさせていただきます。

スポンサーリンク

世間の声

一宮の女子高生がなぜ豊田まで行ったのか。 また無職の男が豊田から名古屋駅まで送っていこうとしたのか不思議。 豊田から名古屋駅までは車で1時間以上かかる。電車でも1時間はかかる。 とにかく女子高生が無事だった事は良かった。

https://news.yahoo.co.jp

こんなことをすれば捕まるという発想がなかったのかね? あまりにも幼稚で稚拙な犯行に開いた口が塞がらない。それとも捕まってもいいから変態行為を成し遂げようと思ったのか。 いずれにしても常人ではない。女子高生も相当な恐怖を感じただろう。容疑者には可能な限りの厳罰に処してほしい。

https://news.yahoo.co.jp

まとめ

赤尾孝志は女子高生と会うのになぜ豊田市を選んだのか、また経歴やSNSについて調べてみました。

こういう事件からもいろいろ学べるな、といつも思います。

私自身も気を付けていきたいと思います。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次